購入の際は注意した方がいい、ノンケ・ヘテロ要素ありの百合作品

購入の際は注意した方がいい、ノンケ・ヘテロ要素ありの百合作品



百合専門雑誌や百合作品掲載の多い雑誌に連載し、実際に百合作品として描かれてるものの、
男性キャラとの恋愛要素が描かれる作品もあり、百合ファンの中では問題視する人もおります。
ここではノンケ・ヘテロ要素のある作品を書いていきたいと思います。

天秤は花と遊ぶ


「吸血症」の人間「琴乃緒愁」と普通の少女「春日野謡子」との異種(?)百合作品。
琴乃のもつ吸血症は無性別で男女差の無い体つきで、18歳までに吸った男女の血の中で多い方の性別になるとの事。1巻では普通に百合漫画らしくしてたものの、
2巻では非常に仲の良い同性カップルが出てくるも同姓同士では付き合えないという百合否定の描写が出てきており、結末は「琴乃は謡子に恋心を抱いてる為、付き合うために男を目指す」というヘテロエンドになります。
ただ、このヘテロエンドは打ち切りのせいとも言われていますが…

捏造トラップ-NTR-




アニメ化までされてる為、知名度は高い作品。
この画像に男が映っている時点で男キャラがそれなりに出番あるポジションなのは察する事が出来るでしょう。
ヒロインは岡崎由真と水科蛍で両者とも彼氏持ちでノンケ描写も多いです。

しかし、一応百合作品な為、当然二人は百合感情も持っており…。まあ由真は薄めですが…。

という事なので、おそらく最後は百合エンドにするつもりなんでしょうけど、
その過程でノンケ描写を散々やられるのは苦手という人は多いでしょう。

案の定というかアニメ放送してから、百合ファンからの批判の声も大きいです。

もののふ~白百合戦舞姫


DMMのゲームで、女顔の主人公が女武将達と全国統一を目指すというもの。

一見百合物っぽい感じを見せていましたが、実は主人公は男の娘だった事が明らかに。

この事で百合ファンから「百合詐欺だ」と大きく反感を買っています。


この記事へのコメント

スポンサーリンク