スロウスタート3話に田中あいみさんが佐々木陽菜役で出演

スロウスタート3話に田中あいみさんが佐々木陽菜役で出演 【星尾女子高等学校1年2組 クラスメイト紹介 その3🌸】第3話Aパートで栄依子に声をかけた新聞部の佐藤理香乃は石上静香さん、そしてデパートの屋上で栄依子に照れまくっていたESS部の佐々木陽菜は田中あいみさん@kanataimi に演じていただきました! #スロウスタート #星尾女子1年2組 pic.twitter.com/BcFhTlWO0b— TVアニメ『スロウスタート』 (@slosta_anime) 2018年1月20日 twitterより引用 出番★☆☆☆☆扱い★☆☆☆☆ 色々調べた結果、田中さんがやってるキャラは「25人いるクラスメイトのうち毎話ゲストキャラとして2人ずつ出していく」っていうシナリオスタイルで1話限りで登場する名前付きモブというポジションだそうです。 フルネーム、設定立ち絵つきキャラという事でこれの出演を知った直後は喜んじゃいましたが、結局いつも通りの扱いだったって事ですね…はぁ スロウスタート 2巻【電子書籍】[ 篤見唯子 ]

続きを読む

詳細不明だけど田中あいみさんが何かのCVを務める模様

詳細不明だけど田中あいみさんが何かのCVを務める模様某所で「役名は伏せるが高橋李依と田中あいみが出てた」ってのがあったのでちょっと気になってます。 何に出てたのかという事も書いてなかったけど、情報出した人はガセ流す人じゃないので、嘘ネタという可能性はほぼ無いはず。作品や役名伏せたのはおそらくはネタバレ関係だからと思われます。 なので問題は何なのかという事と、どれくらいの立ち位置の役なのかという事ですが… まあ、「出てた」って言い方だから、アニメだとしても大きい役じゃないのかな…。他の可能性としてはスマホゲーの1キャラか、ヨーグリーの時のような企業ビデオとかのマスコットキャラか、舞台の仕事での自分の役といったあたりでしょうか。 ただ、田中さんの仕事の傾向考えれば舞台の可能性はほぼ無いので、企業マスコットかスマホゲーキャラか、アニメの端役のどれかですかね。 ただ、セットで名前出されてる高橋李依が最近は大きい役ばかりとってる人なので、 もしかしたらという淡い期待も正直してしまいます… ※追記 冬アニメで1/5~に先行上映したものの可能性が高いです。 1/5~に上映したのはダーリン・イン・ザ・フランキスか弱虫ペダル4期の二つなので、このどちらかでしょうか。 弱虫ペダルは高橋さんと田中さん両方過去シリーズでモブやってたので、最有力なのは、これの1話に過去シリーズ同様にモブ役で出ていたという事ですかね。個人的には外れててほしいですが… ※さらに追記 弱虫ペダルは1話には出てなかったので…

続きを読む

Silhouette from the SkylitのライブMCを田中あいみさんが務める

Silhouette from the SkylitのライブMCを田中あいみさんが務める 今からSilhouette from the SkylitさんのライブでMCさせていただきます!いらっしゃる皆様よろしくお願いします! pic.twitter.com/sVDkcw0XzT— 田中あいみ (@kanataimi) 2018年1月3日 twitterより。あまりバンド詳しくないけど、show by rockの主題歌を担当したグループでいいのかな? こういう小さいイベントのMCやらされるのって売れてない事の証明らしいので素直には喜べません。 一応この作品ではペイペインやってたんですが、それが理由で呼ばれたとは思えないので、やっぱり暇だからって理由で事務所に駆り出されたのかなぁ。  SHOW BY ROCK!! OFFICIAL ART BOOK [ サンリオ ]

続きを読む

田中あいみさんに仕事が中々来ない理由その2 キャスティングする側が評価してくれない?

田中あいみさんに中々仕事が来ない理由をさらに考えてみる。 前回も言った通り、人気、演技面では問題は無いと思いますし、 声優ファン、アニメファンからも基本的には高い評価が挙げられています。 なので他に問題があるとするならその一つとしてキャスティング側が演技評価していないのでは?という事でしょう。 その評価の結果を出していると考えられる要素としては若干ながら見られており、 田中さんが配役される役として「無口キャラ」「無感情キャラ」「気弱で口数の少ないキャラ」がどういう訳か多い点があります。(なお、この系統のキャラ一覧については次の記事で書いていきたいと思います) この手の役は、他の系統よりは演じるのは簡単な事が多いです。 まあ、特に考えずとも上記の系統の役は視聴者視点でも簡単そうにも感じると思いますが、観客視点では地味で簡単そうでも、実際はその逆だったていう点も当たり前ですがよくある事なので。 …けど、これに関しては視聴者視点でなく声優側としてもかなりやりやすい部類なのは確かだそうです。無論役にもよるようですが。 ただ、演技評価されてないとして、どういう理由と過程で演技評価されていないのかは理解できません。 うまるで活発キャラでの演技アピールはできているはずですし…。 うーん、演技では無く別の要因かなぁ。他に考えているのは声質の問題がありますが…この辺もまた日を改めて書いていこうと思います。 干物妹! うまるちゃん 12 (ヤングジャンプコミックス) [ サンカクヘ…

続きを読む

結局田中あいみさんに足りないのはコネなのか

結局田中あいみさんに足りないのはコネなのか 昨日の某作品のキャスト発表とその前の別の某作品での追加キャスト発表見て思ったのが、 今の田中さんに足りないのはコネなのかなと。 結局両者でキャスティングされたのは制作会社、監督や音響でよく使われる人達だったので。 田中さんは演技も声幅も一級で、人気もそこそこあるようなので(実はこれも足りないのかとも思ってたんですが、某ニュース記事での声優人気投票で準覇権クラスの人気声優を何人も抜いてるので人気が無い事は無いようです) やっぱり制作側のお偉いさんとなんとかコネ作らないと厳しいみたいですね。 以下もっと酷い愚痴と妄想なので閲覧注意 前記事で扱った昨日の方の某作品の件についてですが 某キャラについてはオーディションの時に、 どうも原作者から甲高いアニメ声というオーダーがあった事が本日判明しました。 田中さんはアニメ声が今まで目立ってて認知されたから、そのイメージが引きずられて作風に合わなくてこの作品ではダメだったのかと思ったけど、 オデではむしろそういう演技が求められてたわけで、田中さんもめっちゃやりやすい演技のキャラだったんですよね。 というか原作者は原作で所々うまるが描うてるとこみると、少なくとも原作者だけは田中さんに一票入れてたんじゃないかって気すらしてくる。 …その一票入れて貰ったけど、結局制作サイドからは声優ブランドの強さを重視されブランド力の強いあの人…

続きを読む

【朗報】例の自主短編映画の田中あいみさんは同姓同名の別人だった事が確定

【朗報】例の自主短編映画の田中あいみさんは同姓同名の別人だった事が確定 twitterぐらいでしか話題になってなかったので知らない人は知らないとは思いますが 某自主短編映画に田中あいみさんの名前があり、 ホ○ビ未満の役者の演技がPVで垂れ流されており、 田中さんはこんな自主映画にまで参加しなきゃいけない程に、 仕事が無くて困窮しているのかと心配になっていましたが、 どうやらあの作品でやっているのは同姓同名の別人だったようです。 そもそも声優が実写作品、それも自主作品に出る訳が無いと考えるのが当たり前なのですが、 まさか一字一句同じ人が出てくるとは思いもしなかった事と、 津田美波さんと三上枝織さんが実写映画に出た経験もあるので、(これは所属事務所が青二だからなのかもしれませんが) 絶対有りえないとは言い切れない部分があったので、 もしかしたらという心配もありました…。けど、別人で本当に良かったです。 携帯彼女 [ 鈴木愛理 ]

続きを読む

田中あいみさんの演じる声の種類をまとめてみる

田中あいみさんの演じる声の種類をまとめてみる ファンならこれくらいは知ってて当たり前…と思ってはいたんですが、どうも現実としてはここまで知れ渡ってはいないらしい…。 なので、ここで田中さんの演じる声の種類を一通りまとめてみたいと思います。 外うまる声演じる役数は一番多い。主力。よく、この声の役が見たいとファンには言われるが、実際は頻繁にやってます。 土間うまる(干物妹!うまるちゃん)、ソフィア(ディアホライゾン)等 少年声 名前付きは少ないが、演じる回数は外うまるに次いで多い。準主力。 目黒めぐみ(つうかあ)、東方月初(縁結びの妖狐ちゃん)、UMR(干物妹!うまるちゃん)等 家うまる声一番認知度が高く特徴のある方のロリ声。田中あいみさんといえばこの声とも言え、ちょい役でも必ずファン以外からも気付かれる程。なんだけど、実は意外とこの声で演じる事は少ない。理由は不明。 家うまる(干物妹!うまるちゃん!)、萌香(この美術部には問題がある!)、嘘孫(笑うセールスマン)、夢野秘密子(ニューダンガンロンパV3)等 ロリ声 家うまると全然異なる、特徴の少ないふつーのロリ声。だけど、何故かこまる声より演じる事が多い。凡庸性が高いから? 漆原ホタル(塔亰Clanpool)、グレイス(魔装学園H×H)等 高飛車声うまるR2話のシルフィン妄想の外うまるの時の声。巴マミ声とか種田声とか言われる。演じる事は非常に少なく、アニメ媒体ではおそらくほとんどやってない。 鉋(俺タワー)、松嶋あや…

続きを読む

スポンサーリンク